ダイエットの成功に欠かせない血行促進と健康な腸づくり

時代の変化とともにダイエットへの考え方は変わりつつあります。 食事制限や激しい運動をするダイエット法から、今はきちんとバランスの良い食事をして生活リズムを整えたり、腸内フローラを改善したりする方法へとシフトしているわけです。 しかし、極論、血行の促進+腸活が最強のダイエットだと思うのです。

血行の促進がなぜダイエットにつながるのか?

ダイエットをするなら何よりも意識してほしいのが血行の促進です。 日本人の女性の8割は冷え性を自覚しているそうですが、冷え性の原因は血液が毛細血管まで十分に行き届いていないことによります。 空調が発達した環境や、体を冷やす食生活、ファッションなどはヒトの血流を悪くしてしまうのです。 血流が悪くなるということは、、栄養が体の隅々まで届けられないということを意味します。 そうなると、細胞は栄養を得てエネルギーを燃やすことができないですし、内蔵の運動量も低下してしまいます。 ようするに、血流の悪さが原因で、エネルギー消費量の少ない体が出来上がってしまうわけで、これが肥満を引き起こすのです。

腸内フローラの働きがいいとダイエットにつながる?

ダイエットをするにあたって意識してほしい2つめのことは、腸内環境の改善です。 腸内フローラの働きが悪いと、消化が促進されず、未消化の食べ物のカスが腸内の悪玉菌のエサになってしまい、腸内フローラの働きがとても悪くなります。 バランスの良い腸内フローラであれば、腸内菌が腸内で短鎖脂肪酸と呼ばれる物質をどんどん作り出します。 この短鎖脂肪酸は、栄養と一緒に腸壁から血管に取り込まるのですが、脂肪細胞に到達すると脂肪の燃焼を促したり、脂肪の蓄積にブレーキをかけるのです。 ですから、バランスの良い腸内フローラは肥満の解消になるということです。

血行の促進と健康な腸づくりを実現させる方法

では、血行の促進とバランスのとれた腸内フローラの両方を実現するにはどうしたら良いのでしょうか? 食生活と生活習慣を見直すことによってそれは実現可能になります。 忙しい私たちは加工食品やインスタント食品に頼ってしまうことがおおく、バランスの良い食生活を送れていません。 こういった食品は、腸内菌を死滅させてしまったり、悪玉菌にエサを与えることになったりしてしまいますし、体を温めないものが多いため血流も悪くなるのです。 加工食品やインスタント食品などをできる限り避け、きちんと調理された食べ物をバランスよく食べる生活が無理なく痩せられるの