30代からの正しいスキンケア

よく「素肌のキレイな人は3割増で美人に見える」など言われますが、それは事実のように思います。 肌がキレイな人はそれだけできちんとバランスのよい食事を摂り、良質な睡眠を摂っていることを無意識に連想するため、清潔感がありきちんとした印象を与えられます。 また、表情もキラキラと輝いて見えますよね。

ニキビの原因「乾燥」

そんな人の印象さえも左右する素肌ですが、キレイな素肌のための絶対条件ともいえるのが「ニキビがないこと」。 ニキビが一つあるだけで、素肌の美しさは半減してしまいます。 さて、このところ気温が下がり、寒さが厳しくなってきたので、肌はただでさえ荒れやすくなっています。 あまり知られていないようですが、寒い季節はニキビができやすい季節でもあります。 ニキビはベタベタというイメージからか、夏場にできやすいイメージがありますが、特に大人ニキビは冬場の方ができやすいのです。 なぜなら、大人ニキビの主な原因の一つが「乾燥」だから。 肌が乾燥した状態だと、肌の機能というのは低下します。 肌の機能が低下してしまうということは、本来なら一定の周期で行われるはずの新陳代謝が行われず、古い角質は剥がれ落ちることなく肌への溜まっていき、肌はバランスを崩してニキビになってしまうのです。

アラサー・アラフォーのスキンケア

大人ニキビが乾燥が原因でできるというのは今説明した通りですが、アラサー・アラフォーのニキビというのは、本当に面倒な代物です。 一度できてしまうとすぐに化膿してしまうし、化膿してしまうと大きく腫れて上がってしまいます。 また跡にも残りやすく、一旦跡になってしまったのはそのままシミ化してしまうことも多いのです。 そんなアラサー・アラフォーのニキビケアには、少々コツが必要です。 ニキビで、特に化膿してしまっているようなものは、むやみに油分を与えるのは禁物。 かえってニキビを悪化させてしまうことになりかねません。 かといって、乾燥は当然いけません。 サラサラ・さっぱりとしたテクスチャーのケア用品ばかり使っていると、しわの原因になってしまいます。 しわというのもニキビと同じくらい厄介で、一度ついてしまったらなかなか消えません。 大人ニキビは、油分は必要最低限にして、潤いを積極的に与えることがポイントです。 ヒアルロン酸など、潤いに強い成分の入った化粧品が良いでしょう。 そして、しわができやすい目元や口元などは、油分OK。 アンチエイジングに対応している、しっとりしたクリームを使いましょう。 顔の部分ごとにケア用品を使い分けるのが大切なんですね。 アラサー・アラフォー世代は、ニキビと目元に同じケア・・・なんてことをしてしまうと、一気に老化が進んでしまうので、注意です。