ルイボスに含まれるSDO酵素は最大のアンチエイジング

近年、活性酵素という言葉を聞く事が多くなってきました。 活性酵素とはもともと私たちの体内にある酵素の1つで、紫外線を浴びた時や細菌が体内に侵入した場合に細胞を守る為に戦ってくれる酵素なんですよね。 でもこの活性酵素が正常な状態よりも勢力を強めてしまうと、細胞を酸化させるので、お肌が荒れたり、シミやそばかすを引き起こすのですよね。 要は、バランスを崩してしまうと私たちにとって害になってしまうので、上手に付き合わないといけないわけです。 という事なので、アンチエイジングをしたい場合はこの活性酵素対策が必須という事なんですね。 では、なぜ活性酵素が普段よろ活発になってしまうのでしょうか? まずその原因を調べてみたいと思います。

活性酵素が増えすぎる原因

活性酵素が増える原因はいくつかあげられるのですが、結構普段の生活習慣が引き金になっているケースがほとんどです。

紫外線

紫外線は室内にいたとしても入り込んでくる事があります。紫外線は私たちの体全体を攻撃するのです。 その強力な攻撃から私たちを守る為、活性酵素はどんどん増えます。 ですので、特に外出する時には紫外線をブロックする工夫を怠らないようにしましょう。 帽子やアームカバーをするのはもちろんですが、サングラスをして目を守る事も忘れてはいけません。 紫外線は目から私たちの体内にかなり侵入してしまうからです。

ストレス

実はストレスも活性酵素を増やす原因です。 人間はストレスを感じると、ビタミンCをたくさん消費します。 ビタミンCは活性酵素を抑える働きをしますから、活性酵素の勢力が大きくなってしまうのですよね。 そもそも私たちの体はストレスを感じると、やはりそれに対抗しようとして活性酵素をたくさん作り出します。

喫煙

タバコに含まれる有害物質が体内に侵入してくると、それに対抗しようとして活性酵素がたくさん増えます。

増えすぎた活性酵素を除去する方法はないの?

ストレスや有害なものと戦ってくれる活性酵素ですが、増えすぎると私たちにとってマイナスなわけですね。 これを放置してしまうと、活性酵素によって私たちの若さはどんどん失われてしまいます。 では、なんとか食い止める方法はないのでしょうか? 実は、活性酵素を抑える働きをする酵素があるのです。 それはSDO酵素(Super Oxide Dismutase)というものです。 これも私たちの体内にもともとある酵素なんですが、私たち自身ではこれを増やす事はできないので、体外から摂り入れる必要があるんですよね。 そこで、一番SDO酵素を摂り入れるのに手軽なものはないかを調べたのですが、ルイボスティーが良いと思います。 ルイボスとは南アフリカの針葉樹なんですが、これをお茶にしたものがルイボスティーです。 ダイエット茶などで近年よく知られているルイボスティーなのですが、ルイボスティーには豊富にSDO酵素が含まれています。 ですので、あなたがアンチエイジングを成功させたいなら、ルイボスティーがおすすめです。 最近では、ルイボスティー以外にもスムージーやドリンクにもSDO酵素入りのモノがあるので、是非探してみると良いと思います。