ダイエットに効果大?体幹を鍛えるメリット

最近、体幹を鍛えると痩せたリ、体のラインがシャープになったりすると言われていて、体幹トレーニングを実践する人はとても増えているようです。 実際TVや女性向けの雑誌を見ると、体幹トレーニングによって腹筋が6つに割れている状態(シックスパック)を手に入れた女性が紹介されていたりします。

そもそも体幹を鍛えるってどういう事?

体幹とは、広い意味で説明すると、胴体です。 もっと詳しく説明すると、胴体の深層部の4つの筋肉を指し、横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群と呼ばれる筋肉になります。 体幹を鍛えるという事はこれらの筋肉を鍛えるという事なのですよね。 このように説明されると「私は別に体鍛える事に興味ないし・・・」と思うかもしれませんね。 でも、今体幹トレーニングがブームになっているのは、体幹トレーニングを実践するとダイエットや美容の効果的だからなんです。

体幹トレーニングがダイエットに効果的な理由

「鍛える」という行動は、必然的に筋肉を増加させる事を意味するので、筋肉がついたら女性らしい体のラインも失われるし、逆に体が筋肉で太くなってしまうのではないか?と思うかもしれません。 ただ、体幹トレーニングとは、胴体の表面よりも、胴体の内側の部分(インナーマッスル)を鍛える意味合いの方が大きいのです。 実は、胴体の内側の部分の筋肉を鍛えると痩せる効果が高いんです。 どういう事かというと、本来、胴体の内側に位置している筋肉は周辺の内臓(胃や腸など)を支えて正しい位置にキープさせる働きがあります。 しかし、もし運動不足でその筋肉量が落ちていると、内臓を支えられなくなり、だんだん内臓が下へとずれ込んできます。 そうすると、お腹周りの血管が圧迫され血流が悪くなるわけです。 血流の悪さはその後、代謝の低下を招きますよね。こうして体全体のエネルギーの消費が低下し、太ってしまうのです。 そもそも、内臓の位置がずれる事によって、お腹もぽっこりしてしまいます。

体幹トレーニングが体を疲れにくくする理由

体幹トレーニングは疲れにくい体作りにも効果的です。 胴体はいわば、体の“芯”ですよね。この芯の部分が曲がっていたリ歪んでいたりすると、当然体のバランスが悪くなるわけです。 バランスの悪い体は余計な疲労を生み出します。 例えば、猫背は肩こりや腰痛の原因にもなりますし、体がどちらかに傾いていると、そちら側に体重が乗っかり負担がかかるわけです。 ですので、体幹を整える事は疲れにくい体作りに役立つというわけです。